お役立ちコンテンツ
Useful Content
子ども=学資保険?について考えてみよう

子ども=学資保険?について考えてみよう

IBJライフデザインサポートでは、婚活中のお相手探しを頑張っていらっしゃる方、そしてお相手が定まり成婚に向けてお互いに向き合っていらっしゃる方、さらにご成婚が決まり新生活をふたりで考えようとしている方のお手伝いが主なご相談内容ですが、ご成婚されご結婚され、そしてその後お子さまに恵まれました、という嬉しいご報告をいただくことも大変多いです。

新生活を始めようとする際にはもちろん将来の「子ども教育費」についても将来設計の中でプランニングしていきますが、そのための貯蓄をプランニングしていきながらも、皆さまお子さまに恵まれると「学資保険を考えたい」とご要望いただくことも多いです。

さて、本当に学資保険は必要なのでしょうか。実際に世の中の方がどうしているか、も参考にしながら考えてみましょう。

学資保険加入の実態

以下、「gooリサーチ」調べによる【学資保険に関する調査結果】を参考にしながら、考えてみましょう。※「gooリサーチ」調べ:出典「NTTコム リサーチ(旧gooリサーチ)」

 

学資保険の加入きっかけは?

必要性を感じ加入される方が8割強とダントツ1位。誰かに言われて・・ではなく自発的にお子さまに恵まれ、そのお子さまの将来のために加入される方がほとんど。

加入者が57.2%に対し、加入していない人は42.8%と二分している状況。

では学資保険に加入していない人はどうなのでしょうか。

その理由で最も多いのが「学費のために預貯金をしているから(35.6%)」と、学資保険に加入せずとも他の手段で学費に備える必要性を認識していることがわかります。

「学資保険のことをよく知らないから(21.7%)」で加入していない人もいます。やはり何事も知識や理解できないとスタートはできないですよね。

 

学資保険 加入している保険会社は?

学資保険に加入するにあたり、複数の生命保険会社と比較した人は58.0%。学資保険を選ぶ際の情報源では、インターネット(49.6%)が最も多く、友人・知人や親戚等(33.3%)、保険会社の営業担当者(31.5%)という状況からも、「複数社を比較してインターネットで情報収集」する人が41.1%で最も多い。

逆に、友人・知人や保険会社の営業担当者などの場合は、わかりやすく比較ポイントやご自身の要望をなどを理解してくれた上で、しっかりと説明を受け、質問をしクリアになることで、複数社の比較をせずに選ぶ傾向も。

 

学資保険を選ぶとき一番気になることは?

掛けた保険料に対する返戻率がダントツ第一位。

次に、保護者に何かあった時の補償の内容(68.0%)や保険金を受け取るタイミングが適切、もしくは自由に設計できるか(67.2%)となり、上位3つがそれ以降を大きく引き離している。このことから、学資保険は、第一に金融商品としての価値がある事が求められ、次に保険商品としての価値が求められているといえます。

 

お子さまのためにできること

子どもに対して考えることはたくさんあります。どのように育ってほしいか、そのために親としてできることはなにか。その一つとして必ず必要になってくる教育資金。

知識を得て、理解して、おふたりでお子さまのために何をどうしていくか、を考えていく中で、ぜひ考えていただきたいこと。

  • 学資保険がおふたりのイメージする未来にとって有効かどうか
  • 学資保険は学資=お子さまのためのもの。使途が限定的であること
  • 返戻率が第一位の結果であるが、それ以外の効果的な運用方法はないか

などです。

往々にして、お子さまの教育資金が必要になるまでそれを頑張って貯めていくだけではなく、他にも老後資金や親御様の介護資金、住宅ローンの繰り上げ返済、などなど家族の必要資金はときとして他にもあります。

「限定的」か、未来のためにトータルで考えるか

まずはおふたりが未来をイメージしたときに、「いつまでに何のためにいくらくらい必要か」を考えるところからスタートしましょう。学資保険だとしても金額をいくらに設定するかは、「いくらくらい」という漠然としたものではなく、おふたりが安心して未来を歩んでいけるよう、将来設計から金額を算出してみることをオススメします。

人生も人それぞれ、イメージする未来も人それぞれです。それに対して用意すべきものも人それぞれであるからこそ、まずはおふたりで未来をイメージする「ライフプランニング」をしてみましょう。

あくまでも無理のない範囲でスタートすること。最初から頑張りすぎると何事も長続きしません。お子さまにかかる期間はある程度長い期間となりますから、それを踏まえ、おふたりがイメージした未来を無理なくやれる方法を考える。おふたりだけで考えるのが難しいなーと思われたら、誰かに相談するのも一つです。ヒントをもらうことで決断でき、一歩前に進めますから。

みなさんのギモンにお答えします

よくある質問

ライフデザインって何ですか?

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることです

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることで、未来に向けて今できることを整理しておくことです。コンシェルジュがお一人おひとり個別にサポートいたします。※弊社のサービスはすべて無料です。

なぜ無料で相談ができるのですか?

提携企業からの手数料で運営されています

IBJライフデザインサポートは、IBJのライフデザイン事業の一環としてサービスを提供しております。また、提携している各種企業(ウエディング・旅行・保険関連など)からの手数料によって成り立っていますので、ご相談される利用者の方からは、料金は頂戴しておりません。

どんな事を相談できますか?

ライフイベント全般に関する相談が可能です

例えばお住まいのこと、お子さまのこと、家計のこと、キャリアプラン、貯蓄、資産運用など、ライフデザインコンシェルジュがお客さまの想いを丁寧にヒアリングし、個別のプランを設計してご案内いたします。

相談の流れは?

かんたん5ステップでライフプランニングが明快に

①お申込み、②来店、③ヒアリング、④ライフデザイン、⑤サポートのかんたん5ステップとなります。詳しくは「ライフデザインの流れ」をご覧ください。

専任コンシェルジュ無料サポート