お役立ちコンテンツ
Useful Content
無駄遣いしない銀行選び~Ⅰ.ATM出金手数料~

無駄遣いしない銀行選び~Ⅰ.ATM出金手数料~

お金を貯める、貯蓄をしていく、ということにフォーカスしすぎですが、そもそも「無駄を垂れ流し」にしていては、本来貯まるべきものも貯まりません。無駄使いってご存知ですか?知ってますよね。改めて聞かれると「定義」を答えられる方は意外といらっしゃいませんでした。

『無駄遣い』とは・・・

お金などを役に立たないことに使うこと

を言います。

なんとなく散財していることなどを無駄遣いしている、と捉えがちですが、実のところ「役に立たないことに使うこと」ですから、あなたの中で役に立たないことに使っているお金はありませんか?

その時はあまり考えないことでも、改めて家計簿を見直してみると、「あーこれなー」と、『無駄遣い』を感じるものはないでしょうか。

お金の出金で発生する「手数料」

お給料が毎月自分のお給料口座に入金され、その後必要な現金を引き出し、他振り込みや支払いなどを行う。

皆さんは、この出金、どうしていますか?

水道光熱費や家賃の支払いは引き落としにしておくと振込手数料負担がなかったり、またクレジットカードの支払い登録によって、さらにポイント加算されたり、とお得になったりとありますが、実は『無駄遣い』をしていることはないでしょうか。

便利さを優先すると、意外とバカにならない「手数料」。自行ATMだと無料だけど、時間外は手数料発生。近くにあるATMは他行だと昼間の時間帯でも手数料は発生します。1回108円とまぁ少額も少額だし、、と思いきや、毎月●回、年間●回、、となっていくと、見落とすわけにはいかない金額になってきます。

ではここで、大手銀行とネット銀行など比較してみましょう。

以下は銀行キャッシュカードでコンビニATM、提携銀行ATMで出金(お引き出し)した場合の手数料をまとめたものです。

※2019年5月に調査した手数料一覧(税込表記)
※各銀行ともに自行および提携銀行系のATMを使用した場合を記載

便利かついつでもOKなコンビニATMでの出金が多い方、、上図を見ていかがですか?

回数制限があるもの、条件付きのものもありますが、無料というのもあります。そして近年、各銀行が手数料改定を行ってきています。改定によって、実は手数料増の傾向。

これまで「無料」だったから、、と見直さずにそのままにしていると、実は2018年からの改定によって、知らぬ間に手数料がかかっていたり、アップしていたり、ということになっている方いませんか?

これぞ『無駄遣い』のひとつです。役に立たないお金の使い方、ですよね。

ではどのように選ぶか

  • 会社や自宅から近いATMはどこか
  • 自分が一番お金を引き出すタイミングで使いやすい場所(ATM)はどこか
  • 自分の支払いなどの頻度の高い銀行はどこか
  • 自分のお給料口座のある銀行と相性の良い銀行はどこか(手数料額の低さ)

手数料の低さだけに目が奪われて、結果不便極まりないと、一時的には我慢しますが、そのうちに手数料払ってもいいやーと無駄遣いが起きてしまいかねません。また、お給料日に1ヶ月使う分を全部引き出してお財布管理するから大丈夫!という方もいるかもしれませんが、お財布紛失危険や万が一の場合も考えるとあまりオススメできません。

さらには上図は出金(お引き出し)手数料をまとめたものですが、「振り込み」にも手数料は発生します。こちらも考えて検討しましょう。

最近のデビットカード機能付きキャッシュカードはどう?

どうしてもお給料口座から一回もお金を引き出さないで1ヶ月過ごすことは難しい。でも、近年のATM手数料が改悪されるならば、それに対策できる方法はないだろうか。

その一つは、各行から発行されているデビット機能付きキャッシュカード。VISA、JCBなどの国際ブランド付きデビットなので、そのクレジットカードに対応する店なら支払いが可能で、ネットショッピングにも使えます。もちろん、海外でも同様です。(※一部使えない店もあります)

利用特典として、

  • 現金でキャッシュバックしてくれるところ
  • 現金ではなくポイントを付与してくれるるところ
  • ATM手数料無料の優遇条件にカウントされるところ

などがあります。

ポイント付与があるのは、

  • 楽天銀行(楽天スーパーポイント)
  • ジャパンネット銀行(Tポイント。ただし、ファミマTカードの場合)
  • セブン銀行(nanacoポイント)などなど

ポイントの還元率は高めで、だいたい0.5~1%。

現金でキャッシュバックしてくれるのは、

三菱UFJ銀行や三井住友銀行(ポイント還元タイプもあり)。こちらは0.2~0.25%と、還元率はポイントより低め。ただし、ソニー銀行は0.5~最大2%と、現金で戻してくれる銀行のなかでは還元率が高い。

キャッシュカードとデビット機能付きキャッシュカードの違い

簡単に言うと、

  • デビットカードは「即時払い」
  • クレジットカードは「後払い」

です。

つまりデビットカードは、銀行口座と直結しており、お支払いした時点で、その利用額が銀行口座から引き落とされる仕組み。

一方クレジットカードは、後払いで1ヶ月に1回の締め日(これは各クレジットカード会社による)でご利用額がまとめて集計され、特定日に銀行口座から引き落としされる仕組み。

両者ともに、ご利用額に応じてポイントが付与されて、貯めたポイントを商品交換や割引などに活用できます。

ATM手数料がかからないという点も大きなメリット

ATMで現金を引き出して、その現金から払う、ということの「ATMから引き出す」という手間を省き、さらには引き出していませんから、時間帯や曜日に関係なく手数料がかからないのです。

ATMで現金で引き出そうとした場合に営業時間外などはATM手数料が発生します。数百円の手数料ですが、前述の通り、何度も頻繁に現金を引き出すとなれば見過ごせません。

またクレジットカードは利用限度額まで使えるため、考えずに使いすぎると支払いが難しくなったり、ついつい使いすぎてしまうこともあるかもしれませんが、デビットカードは銀行口座残高以上は使えませんので、使いすぎ防止できることもメリットかもしれませんね。

さて、2019年現在、銀行の普通預金金利は0.001%。仮に口座に1,000万円預金していても、1年あたりの金利はたったの100円。
実際には利息に対して税金がかかりますから、受け取れるのは80円ほどになります。これはATM手数料を1度でも使えば、すでにマイナスになるような金額です。利息をもらうどころか、マイナス、、とは。。。

たかが手数料ですが、されど手数料。

『無駄遣い』をしないためにどうするか、、無駄どころかお得になる方法もたくさんあります。ぜひ一度考えてみてくださいね。

次回は「振込手数料」にフォーカスしてお伝えします。

みなさんのギモンにお答えします

よくある質問

ライフデザインって何ですか?

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることです

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることで、未来に向けて今できることを整理しておくことです。コンシェルジュがお一人おひとり個別にサポートいたします。※弊社のサービスはすべて無料です。

なぜ無料で相談ができるのですか?

提携企業からの手数料で運営されています

IBJライフデザインサポートは、IBJのライフデザイン事業の一環としてサービスを提供しております。また、提携している各種企業(ウエディング・旅行・保険関連など)からの手数料によって成り立っていますので、ご相談される利用者の方からは、料金は頂戴しておりません。

どんな事を相談できますか?

ライフイベント全般に関する相談が可能です

例えばお住まいのこと、お子さまのこと、家計のこと、キャリアプラン、貯蓄、資産運用など、ライフデザインコンシェルジュがお客さまの想いを丁寧にヒアリングし、個別のプランを設計してご案内いたします。

相談の流れは?

かんたん5ステップでライフプランニングが明快に

①お申込み、②来店、③ヒアリング、④ライフデザイン、⑤サポートのかんたん5ステップとなります。詳しくは「ライフデザインの流れ」をご覧ください。

専任コンシェルジュ無料サポート