お役立ちコンテンツ
Useful Content
退職金が無い会社にお勤めの方必見!一生にかかるお金っていくらなの?

退職金が無い会社にお勤めの方必見!一生にかかるお金っていくらなの?

就職したら、一生その会社に勤めあげ、昇進して給料が増え続け、退職金と年金で安定した老後を送る。そんな一昔前までの当たり前が、決して当たり前ではない時代になりました。退職金のある会社も年々減少しているのが現実です。そんな中、退職金のない会社にお勤めの方が安定した老後生活を送るためには、どうしたらいいのでしょうか?

退職後にも快適な生活を送るために

平均寿命が延びて、世界一と言われるほど少子高齢化がすすむ日本で、公的年金は老後の生活資金の土台とされています。しかし裏を返せば、公的年金だけでは快適な老後生活は送れないということでもあります。

ご家族や友人との外食や旅行、趣味のための資金、お孫さんへのプレゼント等、老後はお金の心配をすることなく、誰もが「快適な生活」を送りたいものです。そしてそのために必要なのが「資金的なゆとり」です。

人生の3大資金といわれる教育・住宅・老後資金の中で、教育ローンや住宅ローンはあっても、老後ローンは基本的にありません。

退職金のある方は、退職金を取り崩しながらということもできますが、退職金のない会社にお勤めの方は、ご自身で少なくとも90歳までの収入計画を考える必要があるといえます。

それでは、退職後に快適な生活を送るために、公的年金では足りない部分について、「退職後にも定期的な収入を確保する」には、どうしたらいいのでしょうか?

生涯にわたって必要なお金は○○○万円

老後が不安だからに貯金を始める、といっても、一体いくら貯めれば安心なのか?ゴールが見えないとなかなかうまく積み立てていくことは難しいかもしれません。まず準備しておくべきことは、生涯にわたって必要なお金を知っておくことなのです。

何年後にどんなイベントがあり、そのためにいくらの資金が必要なのか?今後の収入はどのように推移していきそうか?将来年金はいくらもらえそうか?

こうした生涯の資金計画ができれば、漠然とした不安を安心に変えることができます。

具体的には次のステップですすめていきます。

ステップ①「ライフプラン表の作成」

まずはご自身とご家族の年齢と、これから「実現させたいイベント」やお子様の進学プラン、お住まいの計画等を記入します。お子様だけでなく、ご両親の将来も一緒に考えることを忘れずに。

ステップ②「マネープランの作成」

次に、それぞれのイベントにいくら必要なのかを記入します。そして、今の収入、年金も含めた退職後の収入を記入し、これからのライフイベントとそれに向けて必要な貯蓄額を計算します。

こうした準備は、ライフデザインコンシェルジュが、何度でも無料でサポートしますので、計算しづらい年金や住宅ローンなども含めて、あなただけのライフプランを作ることもできます。

 

ライフプラン表を作成することで、生涯にわたって必要なお金と、そのために準備しておかないといけないお金がいくらなのかがわかるようになります。こうして「貯蓄のゴール」をつくることが大切です。そこではじめて、自分にあった貯蓄や資産運用の方法を選ぶことができるのです。

さらに、作成したライフプラン表には、公的年金などの社会保障を計算したり、予期せぬリスクも見込んでおいておくことが重要です。できるだけ現実に近しいライフプラン表を作成することで、これから必要なお金がいくらなのかを、本当の意味で正しく認識できるようになります。

 

みなさんのギモンにお答えします

よくある質問

ライフデザインって何ですか?

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることです

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることで、未来に向けて今できることを整理しておくことです。コンシェルジュがお一人おひとり個別にサポートいたします。※弊社のサービスはすべて無料です。

なぜ無料で相談ができるのですか?

提携企業からの手数料で運営されています

IBJライフデザインサポートは、IBJのライフデザイン事業の一環としてサービスを提供しております。また、提携している各種企業(ウエディング・旅行・保険関連など)からの手数料によって成り立っていますので、ご相談される利用者の方からは、料金は頂戴しておりません。

どんな事を相談できますか?

ライフイベント全般に関する相談が可能です

例えばお住まいのこと、お子さまのこと、家計のこと、キャリアプラン、貯蓄、資産運用など、ライフデザインコンシェルジュがお客さまの想いを丁寧にヒアリングし、個別のプランを設計してご案内いたします。

単身者(独身)でも相談できますか?

既婚、未婚を問わず、ライフデザインの相談ができます

お気軽にご相談ください。

専任コンシェルジュ無料サポート