お役立ちコンテンツ
Useful Content
いくらが損?得? 『年収の壁』

いくらが損?得? 『年収の壁』

結婚をしたら

今まで通り仕事を続ける?

それとも…

お相手との時間を大切にしたいから思い切って会社を辞めて専業主婦になる?

もしくは

フルタイムではなくパートタイムにして自分のペースで仕事をする?

このように『結婚』を機に将来のキャリアプランについて考えるケースってとても多いですよね。

実際に面談をしているとこのようなお悩みを抱えている方が多いのも事実です。

収入に変化が生じる場合気を付けなくてはいけないのが『年収の壁』です。

「いくら稼いだらいくら税金が取られるの?」

「いくら稼いだら扶養からはずれるの?」

今回はそんな疑問についてまとめてみましたのでご参考にしてみてください!

 

年収の壁とは

100万円の壁

妻の年収が100万円を超えると住民税が発生します。

住民税には65万円の給与所得控除があります。

さらに住民税所得割の課税基準は、

「総所得金額が35万円(お住まいに地域によって変わります)を超えなかった場合に課税されない」というルールがあるので、

65万円+35万円=100万円

つまり年収100万円以上になると住民税が発生する可能性があります。

103万円の壁

「所得税の給与所得控除65万円+基礎控除38万円=103万円」

つまり妻の収入が103万円を超えると妻の所得税がかかるということになります。

また、妻の収入が103万円を超えると夫の配偶者控除(38万円)が無くなります。

さらに2018年からは妻の収入が103万円以下であったとしても、

夫の収入が1120万円を超えると段階的に配偶者控除の額が減り、

夫の収入が1220万円を超えると配偶者控除は0になります。

妻が103万円の壁を超えた場合、夫は配偶者控除ではなく配偶者特別控除を使うことができます。

しかしながら、配偶者特別控除も妻の収入が150万円超~200万円以下までは段階的に下がり、

妻の収入が201万円以上になると配偶者特別控除は0になります。

さらに配偶者控除と同様に夫の年収によっても段階的に縮小されます。

夫の勤務先に『配偶者手当』などがある場合はこちらも手当が支給されなくなる場合があります。

お相手の会社で配偶者手当がある場合はチェックが必要ですね。

 

106万円の壁

妻が501人以上の企業で週20時間以上働いているなどの条件に当てはまっている場合、

妻の年収が106万円以上になると夫の社会保険の扶養から外れ、

健康保険や厚生年金の負担が発生します。

ちなみに協会けんぽ(東京)で、標準報酬月額88,000円、年齢40歳の場合、

年間健康保険料は60,924円(年額)となります。

これに加えて厚生年金保険料が年間で106,908円です。

つまり合計で年間約17万円の負担増になります。

106万円をこえると約17万円の社会保険料負担が生じることになり、

手取りは90万円を切ることになります。

130万円の壁

先程の条件の企業以外にお勤めの場合、

妻の年収が130万円を超えると健康保険や厚生年金の対象となります。

ただ、マイナスだけではありません。

社会保険に入ることにより、

・病気で会社を長期で休んだ場合も「傷病手当金」などの手当てがもらえる

・産休や育休などの手当て

・厚生年金に加入することで老後の年収アップ

といったメリットもあります。

 

ライフデザインを見直してみよう

いかがでしょうか。

まとめますと、

妻の収入が150万円くらいであれば、社会保険や厚生年金として発生する年間約20万円弱の保険料を払って得られるリターンはあまり大きくないと思います。

ただ、収入が200万円、300万円といったように、ある程度フルタイムで働くことを目指すということであれば、社会保険に加入するメリットもあるのではないでしょうか。

このように、退職や転職などを考える際、

・今後手取りがどのようになるのか

・社会保険などはどうなるのか

などしっかりと確認した上で判断してみてはいかがでしょうか。

そして今後それによってご自身の生活がどのように変わるのか、

ライフデザインを見直してみることをお勧めいたします。

 

みなさんのギモンにお答えします

よくある質問

ライフデザインって何ですか?

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることです

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることで、未来に向けて今できることを整理しておくことです。コンシェルジュがお一人おひとり個別にサポートいたします。※弊社のサービスはすべて無料です。

なぜ無料で相談ができるのですか?

提携企業からの手数料で運営されています

IBJライフデザインサポートは、IBJのライフデザイン事業の一環としてサービスを提供しております。また、提携している各種企業(ウエディング・旅行・保険関連など)からの手数料によって成り立っていますので、ご相談される利用者の方からは、料金は頂戴しておりません。

どんな事を相談できますか?

ライフイベント全般に関する相談が可能です

例えばお住まいのこと、お子さまのこと、家計のこと、キャリアプラン、貯蓄、資産運用など、ライフデザインコンシェルジュがお客さまの想いを丁寧にヒアリングし、個別のプランを設計してご案内いたします。

単身者(独身)でも相談できますか?

既婚、未婚を問わず、ライフデザインの相談ができます

お気軽にご相談ください。

専任コンシェルジュ無料サポート