お役立ちコンテンツ
Useful Content
まだ間に合う!?生命保険料控除をフル活用!

まだ間に合う!?生命保険料控除をフル活用!

毎年10月頃になると保険会社から届く控除証明書

年末調整の書類と一緒に提出している方は多いと思いますが、

控除証明書を年末調整で提出するとどのようなメリットがあるのかご存知ですか???

意外と仕組みをご存じない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は控除証明書とはそもそもどのようなものなのか。

そしてどのような効果があるのか。

分かりやすく解説していきたいと思います。

 

控除証明書は生命保険料控除を使うのに必要

所得税は所得がある全ての人に対して課せられている税金です。
所得税はその所得の大きさに応じて所得税率をかけて税額を算出します。この所得税について、「子どもがいると税金が安くなる」「生命保険に入っていたら税金が安くなる」

という声をよく耳にしませんか?

実は所得税を計算する際、税負担を軽減するために全部で14種類の所得控除というものがあります。

所得控除をたくさん使えば所得が減り、つまり所得税も減るという仕組みです。

その14種類ある所得控除の1つに生命保険料控除というものがあります。

生命保険料控除とは、適用されると税負担が軽くなる制度です。

1年間に払い込んだ生命保険料のうち、

生命保険料控除に当てはまる金額が所得から差し引かれることで課税対象から外れ、

結果として所得税や住民税が安くなります。

ちなみに「保険料をいくら払ったのか」実はこれを証明する書類が控除証明書なのです。

生命保険料控除は会社員であれば年末調整で、

自営業の人であれば確定申告で申請します。

 

どれくらいの効果があるの?

では、生命保険料控除ってどれくらいの効果があるのでしょうか。

生命保険料控除の額は1年間に支払った保険料の額によって下記のように設定されています。

つまり月払保険料1万円の生命保険に加入している場合、

生命保険料控除の額は年間40,000円となります。

また、所得税は下記のように計算されます。

{給与収入―(①給与所得控除+②人にまつわる控除+③保険料等の控除)}×税率=所得税

生命保険料控除は③の部分に該当します。

{}の部分を課税所得といい、課税所得によって税率は下記のようになっております。

例えば所得税率20%の方が生命保険料控除を年間40,000円使用した場合、

年間40,000円×20%=年間8,000円分所得税が軽減されるとことになります。

月払い保険料10,000円お支払いしている場合、

年間120,000円保険料を支払うことになりますが、

生命保険料控除により所得税が年間8,000円還付されますので、

実質112,000円の年間保険料負担になるといってもよいでしょう。

1年間で8000円の還付ということは、

もし保険料控除の制度が変わらないとしたら、

20年保険料を支払い続けることで8000円×20年=160,000円の軽減効果があります。

まだ使っていない方は是非積極的に使っていきましょう!

 

生命保険料控除は3種類もある

生命保険料控除はご加入している保険種類によって次の3種類に分けられます。

  • 一般の生命保険料控除:終身保険、定期保険、養老保険、学資保険等。そのほか旧制度の医療保険やがん保険
  • 介護医療保険料控除:医療保険やがん保険など、医療保障のある保険
  • 個人年金保険料控除:「個人年金保険料税制適格特約」が付いた個人年金保険

ちなみに「介護医療保険料控除」は平成24年1月に新設されました。

平成23年12月31日以前に契約した医療保険やがん保険は「一般生命保険料控除」として扱われます。

同じ保険の種類でも契約の時期によって分類が異なりますので注意してください。

また生命保険と個人年金保険は新旧どちらの制度にもありますが、

控除できる上限額には違いがあります。

3種類ともそれぞれ最大4万円の所得控除を受けることができます。

まだ使っていない控除枠があるのであれば積極的に活用しましょう!

 

どのように申請するの?

生命保険料控除は自動的に適用されるわけではありません。

自ら申請をする必要があります。

ただ、それほど面倒な手続きはいりません。
生命保険料控除を受ける方法は、

会社員やパートタイマーなどの場合は勤務先の年末調整で処理、

自営業者は確定申告のときに申請します。

いずれの場合も保険会社から発行される控除証明書を添付しなければいけません。

10月前後になると保険会社から控除証明書が届きます。

万が一紛失してしまったときは再発行が可能なので、

保険会社に問い合わせてみましょう。

 

まだの方はお早めに!

生命保険料控除は1月1日~12月31日までの間に保険会社に収めた保険料が対象となります。

生命保険の支払方法は月払いのほか、年払いもあります。

年内に保険料を年払いで納めることで最大限保険料控除を使うこともできます。

まだ控除を使っていない方、これから検討したい方は、

お早めにライフデザインコンシェルジュご相談ください。

 

 

みなさんのギモンにお答えします

よくある質問

ライフデザインって何ですか?

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることです

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることで、未来に向けて今できることを整理しておくことです。コンシェルジュがお一人おひとり個別にサポートいたします。※弊社のサービスはすべて無料です。

なぜ無料で相談ができるのですか?

提携企業からの手数料で運営されています

IBJライフデザインサポートは、IBJのライフデザイン事業の一環としてサービスを提供しております。また、提携している各種企業(ウエディング・旅行・保険関連など)からの手数料によって成り立っていますので、ご相談される利用者の方からは、料金は頂戴しておりません。

どんな事を相談できますか?

ライフイベント全般に関する相談が可能です

例えばお住まいのこと、お子さまのこと、家計のこと、キャリアプラン、貯蓄、資産運用など、ライフデザインコンシェルジュがお客さまの想いを丁寧にヒアリングし、個別のプランを設計してご案内いたします。

単身者(独身)でも相談できますか?

既婚、未婚を問わず、ライフデザインの相談ができます

お気軽にご相談ください。

専任コンシェルジュ無料サポート