お役立ちコンテンツ
Useful Content
【解明!】今話題のNISAを理解しよう!

【解明!】今話題のNISAを理解しよう!

最近は銀行に預けてもお金が中々殖えないな・・・ニュースではNISAとか、ジュニアNISAとか聞くけど良くわからないし・・・

これからの生活でどうやってお金を貯めていこう・・・?

最近こんなご相談を頻繁に受けるようになってきました。今回は、最近話題となっているNISAの特徴と活用方法について、分かりやすく解説いたします!

NISAとは

NISAの生い立ち

NISAとは2014年度から開始された、投資・運用に関する非課税制度のことで、正式名称は小額投資非課税制度と呼ばれています。

国として、投資や運用への後押しを行うべく出来た制度と言ってよいでしょう。

具体的には、証券会社や銀行等でNISA口座を開設し、上場株式や株式投資信託等を購入し運用した際に、売買益や配当金に課される税金が非課税となる制度です(通常であれば、20%の源泉分離課税となります)。制度が開始された当初は、購入後最大5年間が非課税期間で、年間の投資上限額が120万までという制度でスタートしました。

NISAの種類

NISAは、制度開始後の日本国内の経済状況等に応じて、種類を少しずつ増やしてきました。種類を増やすことで、多くの国民に利用しやすい環境が整いつつあります。ここからは各NISA毎の特徴を押さえていきましょう。

NISA

NISAとは、2014年にスタートした、個人の投資家向け投資・運用に関する非課税制度です。

日本国内にお住いの20歳以上の方が対象となる制度です。対象となる商品は、上場株式、株式投資信託、上場REIT等。購入した商品の配当・譲渡益等が、購入してから最長5年間非課税となります。年間の購入上限額は、120万円です。購入可能期間は、2023年までとなっています。

年間の購入限度額が最も多いのが特徴です!

 

つみたてNISA

つみたてNISAとは、日本国内にお住いの20歳以上の方が対象となる制度です。

つみたてNISAは、将来に向けてこつこつ資産形成したいと考える方向けの制度として創設され、長期間非課税となる制度です。年間の購入上限額は40万円となっており、最長20年間購入した商品の分配金・譲渡益が非課税となります。対象となる商品は、株式投資信託等。(NISAに比べて対象商品が少ない)購入可能期間は、2037年までとなっています。

長期間に渡って非課税となるのがポイントですね!

 

ジュニアNISA

ジュニアNISAとは、日本国内にお住いの0歳~19歳の方が対象となる、NISA制度です。

ジュニアNISA制度は、お子様の進学や就職等に向けた、「将来の資産形成」を目的に創設されたと言われており、勝手に払出しが出来ないよう、一定期間「払出し制限」を設けられています。(対象のお子様が3月31日時点で18歳となる年の前年12月末までは、原則払出不可)

ジュニアNISAの口座運用や管理は、親権者の方が代理で行うこととなっています。対象となる商品は、上場株式、株式投資信託、上場REIT等。購入した商品の配当金・分配金・譲渡益が購入してから最長5年間非課税となります。年間の購入上限額は80万円。購入可能期間は2023年までとなっています。

お子様分を分けてやりたい方におススメです!

 

NISA制度を使いたい場合は?

NISA制度を是非やってみたいと思ったアナタ!どうやって利用するか順を追って説明していきましょう。

①銀行または証券会社にてNISA口座を開設する

②口座へお金を充当

③対象となる金融商品を購入!

以上です。難しそうに見えて、実は簡単なんです。

 

NISA制度の活用の注意点

始めるにあたっていくつか注意点がありますので、押さえておきましょう。

NISAは1人1口座

NISA口座は、同じ年に開設できるのは全金融機関で1つのみとなっています。また、どの金融機関でも、同じ種類の商品があるわけではありません。

具体的には、銀行と証券で取扱いされている商品種類が異なります。口座を選ぶ際は、取扱商品や手数料等に注意して選びましょう!

 

NISAとつみたてNISAはどちらか一方のみ

同じ年の中で、NISAとつみたてNISAは同時に選択できません。ただし、年ごとに利用する制度を変更することは可能です。

 

他の利益と相殺(損益通算)することが出来ない

NISAの最大のメリットは、運用益や譲渡益が非課税になることです。つまり、利益が出た場合にメリットを受けれられるということ。逆に損失が出た場合は何らメリットはありません。

 

非課税となる期間・金融商品が限られてい

NISAの非課税期間は最大でも20年(つみたてNISAの場合)。また、NISAの対象となる金融商品は限定されています。すべての金融商品・すべての運用期間に対応している訳ではありません。

 

今回のテーマはいかがだったでしょうか?

資産運用の1つの手段としてNISAの特徴をご案内いたしました。メリットデメリットを理解した上で、お得に利用するという選択肢もあるかと思います。国の制度にもかかわらず、詳しく理解されていないという方も多いのではないでしょうか?

「何から始めたらよいか分からない・・・」

「そもそも私にはNISAは適しているの?」

「他には資産運用の手段はないの?」

という疑問を持ったアナタ!

ライフデザインコンシェルジュは、そんな皆様の疑問や不安にお答えいたします。是非一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。ご相談お待ちしております!

 

みなさんのギモンにお答えします

よくある質問

ライフデザインって何ですか?

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることです

あなたがイメージする結婚生活や将来の暮らしを具体化しながら、実際に収支など「お金の要素」を加えたライフプランニングをすることです。さらにプランを作ってみるだけは実現性がありませんから、それを実現するための、資産形成プランや資産を作るためにも必要な保障(保険)などのご提案を含め、コンシェルジュがお一人おひとり個別にサポートいたします。※弊社のサービスはすべて無料です。

なぜ無料で相談ができるのですか?

提携企業からの手数料で運営されています

IBJライフデザインサポートは、IBJのライフデザイン事業の一環としてサービスを提供しております。また、提携している各種企業(保険関連など)からの手数料によって成り立っていますので、ご相談される利用者の方からは、料金は頂戴しておりません。

どんな事を相談できますか?

ライフイベント全般に関する相談が可能です

家計管理方法、貯蓄、資産運用、生命保険や節税などなど、「人生におけるお金に関連すること」など。ライフデザインコンシェルジュがお客さまのご希望や叶えたい想いを丁寧にヒアリングし、個別のプランを設計してご案内いたします。

相談の流れは?

かんたん5ステップでライフプランニングが明快に

①お申込み、②来店、③ヒアリング、④ライフデザイン、⑤サポートのかんたん5ステップとなります。詳しくは「ライフデザインの流れ」をご覧ください。

専任コンシェルジュ無料サポート