お役立ちコンテンツ
Useful Content
婚活中の今からどのようなお金の準備をしたらよいの?

婚活中の今からどのようなお金の準備をしたらよいの?

「今は独り身で、特に趣味も無いから、貯蓄はある程度あります。」婚活会員の皆様も中にも、そのような人も多いのではないでしょうか。今はしっかり貯められているから…と安心していても、実は結婚したら、そうは上手くいかないものです。

家族が増えるにつれ、食費や被服費、日用品費などの生活費は自然と増えていきます。そして子供が大きくなるにつれ、習い事や入学金、学費などの教育費もどんどん上がっていきます。

さらにお住まいも、家族が増え、広くなるにつれ、住宅費もそれに伴い上がっていきます。油断していると、あっという間に貯蓄は無くなり底をついてしまいます。

また最近は、結婚相手に「結婚後も正規雇用で働いてほしい」と思う方の割合が非常に多くなっており、その理由は資金貯蓄をしたいからという答えが非常に多くなっております。

やはり婚活中の今のうちから、将来に向けて、しっかりと計画的に貯蓄をすることが重要です。計画的に貯蓄をできている方は、お相手からも安心・信頼され、きっと婚活も有利に進めることができるはずです。

 

そこで今回は、

婚活中の今のうちからしっかりと貯蓄をしていくために、取り組むべき具体的なお金の準備についてお話ししたいと思います。

 

婚活中からすべき具体的なお金の準備とは

では、婚活中の今からすべきお金の準備とはどのようなことをすればよいのでしょうか。

それは大きく3つあります。

 

支出を改善し、収入を増やすことで将来の為に備える

お金が貯まるスタイルに変える

万一への備えを万全にする

 

支出を改善し、収入を増やす方法

今からできるお金の準備でまず取り組むべきは、無駄な支出を減らし、家計を見直すことです。支出とは大きく分けると固定費と変動費に別けることができます。家計の見直しをする際には、固定費からチェックしてみると良いと思います。

固定費とは具体的には、住宅費・教育費・水道光熱費・保険関係費・通信費などの、一定金額が毎月必要となる支出を指します。

 

住宅費・・・場所や広さによって値段が大きく変わります。ライフプランをしっかりと確認しましょう。

教育費・・・公立、私立によっても大きく変わります。奨学金なども場合によっては活用しましょう。

水道光熱費・・・古い家電の買い替え、電気ガスの自由化により節約できるチャンスがあります。

保険関係費・・・健康保険や年金などの社会保険制度を理解し、無駄な保険料を削りましょう。

通信費・・・格安SIMやセット割などをフル活用しましょう。

 

また、支出を減らすだけではなく、収入を増やすという方法も同時に進めるべきです。働き方を変え、給料を増やすという方法もありますが、そんなに簡単にはいかないですよね。

実は下記のような工夫をすることで、手取りを増やすことができるんです。

 

所得控除を活用する・・・ふるさと納税、生命保険料控除、個人型確定拠出年金(iDeCo)など

税額控除を活用する・・・住宅ローン減税

自助努力で年金を増やす・・・個人年金、NISAなど

 

どれも早い段階で知っておくことで、有利になる制度です。しっかりとこの機会に活用いただければと思います。

 

お金が貯まるスタイルに変える

皆さんの月々のお金の流れはどのようになっていますか?

収入(お給料)-支出(生活費など)=貯蓄

月末に給料が入ってきて、生活費や住居費や趣味などにお金を使って、残りが貯蓄というスタイルになっていませんか?

 

実は将来に向けて、計画的に貯蓄を進めていくには、以下のスタイルに変えることをお勧めします。

 

収入(お給料)-貯蓄=支出(生活費など)

つまり、貯蓄する金額を予め決めておき、その金額をお給料から引いて、残りで生活をするというスタイルです。

このスタイルであれば、何年後にいくら貯められるかが明確になり、結婚資金が足りなかった…

住宅購入資金が足りなかった…教育資金が足りなかった…などといったようなリスクを防ぐことができます。

 

では、月にいくら貯蓄をしたらよいのでしょうか?

それは、その人がどのような結婚生活を考えているかによって変わりますよね。その為に、まずはライフデザインをすることをお勧めします。自分がどんな結婚生活を送りたいのかを考えることから始めてみましょう。

 

万一への備えを万全にする

これから計画的に貯蓄をしていくには、治療費などの予期しない急な出費や、大病による収入減などのリスクについても、生命保険を活用し備える必要があります。主に独身のうちから備えておいた方が良い保険は以下の通りです。

貯蓄保険・・・終身保険、年金保険など

医療保険・・・終身型医療保険、がん保険など

就労不能保険・・・収入保障保険、生前給付保険など

ただ、保険料が高くなると、支出が増え、家計が圧迫されてしまいます。

健康保険や年金制度などの社会保険を理解し、無理ない無駄のない保険選びをし、最適な保険料に設定しましょう。

 

客観的にチェックしてもらいましょう

そろそろ年末調整の時期ですね。

所得控除など活用しない手は無いので、詳しく知りたい方は、是非ライフデザインコンシェルジュにご相談ください。

家計の見直しや、所得控除などを分かりやすくご説明させていただきます。また、ライフデザインコンシェルジュが、あなたのライフデザインについても一緒に考えながら、最適な貯蓄金額や、結婚生活を守る保険選びについても、分かりやすくサポートさせていただきます。お気軽にご連絡ください。

みなさんのギモンにお答えします

よくある質問

ライフデザインって何ですか?

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることです

あなたがイメージする結婚生活や将来の暮らしを具体化しながら、実際に収支など「お金の要素」を加えたライフプランニングをすることです。さらにプランを作ってみるだけは実現性がありませんから、それを実現するための、資産形成プランや資産を作るためにも必要な保障(保険)などのご提案を含め、コンシェルジュがお一人おひとり個別にサポートいたします。※弊社のサービスはすべて無料です。

なぜ無料で相談ができるのですか?

提携企業からの手数料で運営されています

IBJライフデザインサポートは、IBJのライフデザイン事業の一環としてサービスを提供しております。また、提携している各種企業(保険関連など)からの手数料によって成り立っていますので、ご相談される利用者の方からは、料金は頂戴しておりません。

どんな事を相談できますか?

ライフイベント全般に関する相談が可能です

家計管理方法、貯蓄、資産運用、生命保険や節税などなど、「人生におけるお金に関連すること」など。ライフデザインコンシェルジュがお客さまのご希望や叶えたい想いを丁寧にヒアリングし、個別のプランを設計してご案内いたします。

相談の流れは?

かんたん5ステップでライフプランニングが明快に

①お申込み、②来店、③ヒアリング、④ライフデザイン、⑤サポートのかんたん5ステップとなります。詳しくは「ライフデザインの流れ」をご覧ください。

専任コンシェルジュ無料サポート