お役立ちコンテンツ
Useful Content
カップルで未来をイメージする「家族の将来設計セミナー」

カップルで未来をイメージする「家族の将来設計セミナー」

結婚がきまったらまず何からやりますか?

IBJライフデザインサポートでは、東京・大阪にて「カップル参加の将来設計セミナー」を毎月開催しています。結婚したい、結婚したらこうしたい、という思いはぼんやりとあるものの、どうしても結婚相手を見つけることがまず先決で、「この人と結婚できるかな?」とお付き合いや結婚までの道のりに一生懸命になります。

しかしながら結婚が決まったら、さて次は??えーーーっと、と立ち止まるカップルが多く見られます。当たり前のことですが誰しもが初めてのことですし、なんとなく「新居いつ借りる?」とか「入籍いつする?」など、なんとなくイメージできることもあるのですが、やらなきゃいけないことを知らずに気づかずに漏らしてしまったり、あとは知らぬままにダンドリが悪く大変な思いをしたり、、ということもよくあります。

そんなおふたりに対して、結婚が決まったら知っておくと便利なこととして、効率的なダンドリや考えておくべきこと、そしてふたりになって家族になるから大事な「お財布のお話(家計管理方法)」までをお伝えする「将来設計セミナー」

このセミナーに参加したカップルはこれまで100組以上。そのカップルのほとんどが口を揃えておっしゃることは、

  • 将来どれくらいお金がかかるのか心配
  • 結婚準備ってどれくらいお金がかかるか不安
  • ふたりでお金の話をするのはちょっとなかなか踏み込む勇気がいる
  • 漠然としすぎていて何から手をつけていいかわからない
  • ふたりの家計管理方法はとっても気になる

などなど。

カップルのふたりだけでは話しにくい「お金の話」

大事なことはわかっている、でもなかなか話ができないのが「お金の話」。そして自分たちが経験したことがない未来に対して専門家でもないので知識も知恵もないから余計に話がうまくできないし、答えも見つからない。ネットを見ても情報が多すぎて、どうしていいかわからない、という方が私たちIBJライフデザインサポートにいらっしゃいます。

セミナーにお越しになるカップルは最初は皆さん表情も硬く緊張されていらっしゃいます。そして新生活準備の話では全員の方が一つ一つメモを取りながら真剣に聞き入っておられます。ダンドリはわかったけども、肝心な予算ってどれくらい?の話になると、なんとなく新生活準備資金はわかっていたものの、金額を聞けば重く感じる方もいらっしゃいます。

でもそこで終わらずに、「どうすればやりくりできるか」「どうしたら予算コントロールできるか」から「ふたりで決めた予算をオーバーしないコツ」もお伝えすると少しずつ表情が和らいでいきます。

家族になって将来を考えると必要な資金って?

さらに将来に渡って必要なお金「子育て教育資金」「住宅資金」「老後資金」も同様に、情報がゼロではないが改めて聞くと、ズシッと重くなります。そこで皆さんが思うことは「自分たちはやっていけるのだろうか」と。それを「やっていけるものにするための家計管理方法」のお話に進むと、今度は男性、女性それぞれに反応が違って、毎回講師をしていると少し微笑ましい時間です。

真剣に未来のお金を考えると、目先の家計管理を考えなきゃ、と思うでしょうし、さらには個々のお小遣いも気になるところ。将来のさまざまな資金を聞けば、もう節約しかないのか、貯金に全部回すしか無いのか、と思いがちですが、そうではありません。

将来に必要な資金の額は、それぞれの皆さんが考える未来、将来設計によって変わります。イメージするライフイベントによっても同様に違います。ただやみくもに一般的な資金を貯めなきゃいけないのではなく、おふたりにとって必要な額をおふたりがイメージした何年先までに貯めればいいのか、そしてその手段も皆さんの将来設計によって変わるものなのです。

未来を叶えるために必要な資金を、未来必要な時期までにどう準備していくのか、そしてそれが壊れないように他にも準備することはないのか、と多角的な視点からおふたりの事情や環境に合わせて準備していくことが大切です。

新生活スタートしないと貯蓄はスタートできないのか

よく皆さんが陥りやすいのは「とにかく将来お金がたくさん必要だから貯めなきゃ」と漠然とした不安にかられること。そしてそう思っているのに「新生活をしてみないと支出が決まらない、わからないから貯蓄額を決められない」となってしまうことです。

おふたりの収入(未来も含めて)とイメージした将来から算出される必要な貯蓄額は「確定したもの」です。よほどのことが無い限り収入も大きくブレはしません。ある程度の予測ができます。でも不確定だと思っている支出が生活してみないとわからないから決めないとどうなるでしょうか。

確定している収入から生活してみて決めた支出、残りを貯蓄に回すと必然「必要な貯蓄額と回せる貯蓄額には絶対にマイナスの差」が出ます。大体の人は何も考えずに暮せば、それはそれで支出コントロールできずにどんどん支出が膨れるもの。結果、必要な貯蓄額が間に合わないということも。。。

また教育資金も老後資金も必要になるのは、ちょっと遠い未来で数十年後になる方がほとんどです。そうすると時間マジックで「まだまだ時間があるからそれまでには貯められる」と思い込んでしまいがち。でも、そんな風に思っているとどんどん後回しになり、実は時間こそ何にも変えられない価値なんです。

10年で1000万円貯めようとすると1ヶ月で約8.3万円ずつ貯蓄に回せば可能。でも1000万円を7年で貯めようとすると1ヶ月約11.9万円ずつ貯めなければいけません。たかが3万円の差ですが、この3万円を貯めて家族で旅行に行くこともできます。車資金として数年間に一度やってくる車の買い替え資金にすることもできます。そうすれば家族生活はもっと豊かになることも生まれてきます。

そして決めた支出額は決してキツキツのものではなく、おふたりの事情を踏まえた適正支出額を算出していきます。無駄とは使いすぎることではなく、「役に立たないことに使うこと」を意味します。必要な貯蓄額を元に貯蓄は着々と作っていけるし、適正な支出額で生活も安定していく。そして「収入-貯蓄額=支出」によって、貯蓄額を引いた額は実は全部使っても問題ない額、ということになるんです。

貯蓄することは実は安心して「お金を使えること」

貯蓄することとは、生活を厳しくキツキツに節約することではなく、実は残ったお金は全部使っても大丈夫という安心を生むことにもなります。考え方を少し変えるだけでも見えない将来に対しての漠然とした不安はなくなるものです。

そんなことを結婚前にお伝えする「カップルで参加する将来設計セミナー」。知っておくだけでも未来のおふたりに役立ちます。興味がある方はぜひ一度覗いてみてくださいね。

セミナー詳細はこちらから

みなさんのギモンにお答えします

よくある質問

ライフデザインって何ですか?

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることです

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることで、未来に向けて今できることを整理しておくことです。コンシェルジュがお一人おひとり個別にサポートいたします。※弊社のサービスはすべて無料です。

なぜ無料で相談ができるのですか?

提携企業からの手数料で運営されています

IBJライフデザインサポートは、IBJのライフデザイン事業の一環としてサービスを提供しております。また、提携している各種企業(ウエディング・旅行・保険関連など)からの手数料によって成り立っていますので、ご相談される利用者の方からは、料金は頂戴しておりません。

どんな事を相談できますか?

ライフイベント全般に関する相談が可能です

例えばお住まいのこと、お子さまのこと、家計のこと、キャリアプラン、貯蓄、資産運用など、ライフデザインコンシェルジュがお客さまの想いを丁寧にヒアリングし、個別のプランを設計してご案内いたします。

相談の流れは?

かんたん5ステップでライフプランニングが明快に

①お申込み、②来店、③ヒアリング、④ライフデザイン、⑤サポートのかんたん5ステップとなります。詳しくは「ライフデザインの流れ」をご覧ください。

専任コンシェルジュ無料サポート