お役立ちコンテンツ
Useful Content
「貯金」と「貯蓄」の違い。答えられますか?

「貯金」と「貯蓄」の違い。答えられますか?

「貯金」と「貯蓄」の違い

みなさん、「貯金」と「貯蓄」の違いをご存知ですか?改めて聞かれると、あれ??と思われる方も多いと思いますが、実際は異なる定義です。

「貯金」とは、お金を貯めること

もしくは貯めたお金のことです。
銀行口座にお金を貯めることもそうですし、お家にある貯金箱に貯めていくこともそうです。つまり、あるがまま「お金を貯めている」という状態のことを指します。

「貯蓄」とは、金融資産の総称

前述の貯金も含みますし、株式、投資信託、土地などの不動産といったもの、さらには保険や個人年金なども資産全体を「貯蓄」といいます。

「貯蓄」の種類

言葉の定義がわかったら、もう少し「貯蓄」について詳しくみていきましょう。

※総務省統計局 家計調査報告(貯蓄・負債編)用語の解説より

【1】 金融機関等への貯蓄

① 通貨性預貯金

ゆうちょ銀行、銀行などその他金融機関の普通預金,当座預金など

② 定期性預貯金

ゆうちょ銀行、銀行などその他金融機関の定額貯金など各種定期預金,定期積金など

③ 生命保険など

生命保険会社の積立型生命保険,損害保険会社の損害保険(満期時に満期返戻金が支払われる積立型のもの),農業協同組合の養老生命共済及び郵便貯金・簡易生命保険管理機構で取り扱っている簡易生命保険など

④ 有価証券

株式,株式投資信託,債券(公債、社債)など

【2】金融機関外への貯蓄

社内預金,勤め先の共済組合等への預貯金など。ただし,たんす預金は含めません。

【3】年金型貯蓄

生命保険会社の個人年金保険,財形年金貯蓄及び個人年金信託などの年金型貯蓄。また,簡易生命保険のうち年金商品(旧郵便年金)も含める。公的年金(厚生年金及び国民年金)や企業年金は含めません。

【4】外貨預金・外債

ドルなど外国通貨建ての預金,株式,債券,投資信託,保険をいう。なお,外国の機関が発行する債券,投資信託であっても円建てのものは含めないが,二重通貨建てのもの(デュアルカレンシー債,リバースデュアルカレンシー債など)は含める。

未来資金には「貯蓄」が大事な理由

ちょっとなんだか言葉が多くなってきて頭がこんがらがってきたかもしれませんが、実はこれとても大事なことなんです。

日本では、銀行や郵便局などでお金を貯める(貯金)は多いですが、貯蓄人口はまだまだ少ないと言われています。ただ貯金するだけではなぜだめなのでしょうか?

答えは、
『インフレ(物価上昇)によるお金の価値自体が下がることに対応できていないから』です。

たとえば、、消費税が10%にあがったら、同じものを買うにも必要なお金が多くなります。1万円のものに対して、消費税8%なら800円プラスで10,800円が必要ですが、消費税が10%になったら、1000円プラスの11,000円が必要になります。

という税対策もしかりですが、たとえばみなさんがお使いの「郵便はがき」。これも、2017年に62円に値上げされましたが、その前は52円。そして30年ほど前は30円でした。物価上昇率でいうと、約2.0倍に上がっています。

他にも皆さんの身近なところで同じサービスなのに料金が値上がりしているものはありませんか?
これがインフレです。
でも皆さんが手に持っているお金自体は変わらず、1,000円で買えるものが1,500円の価格になる=1,500円必要になる、ということは、つまりこれまで1,000円持っていれば買えたものが買えない、つまりお金の自体の価値が下がるということなのです。

インフレは他人事ではなく全員にやってくる身近な問題

結婚後に必要な貯蓄をしていく方たちの多くは、
・未来の子どもの教育費のため
・老後資金のため
と、直近のための貯金ではなく、未来(20年後など)のための貯蓄を目的としてスタートされることがほとんどです。

ということは、未来の物価上昇率に対した策を講じて置かないと、実は目標立てた時点では●千万円でOKだったのに、実際の20数年後にお金が必要になったら20年前に立てた目標金額では、あれ?足りない?え??どうしよう??となる可能性が高いということです。

当たり前に思っている物価上昇は、あり得ることなのですが、これは外的要因であり、私たち個人では値段据え置きで!と強く思ってもそうはいきません。ですが、ご自身がお持ちのお金はご自身次第でこれに打ち勝つこともできないわけではありません。

お金の敵と味方を知って、賢くお金と付き合おう

お金には敵と味方がいることを皆さんご存知ですか?ただ闇雲にお金をひたすら貯め続ければいいのではないことを上述でご理解いただいたと思いますが、これに打ち勝つためにはじゃあどうしたらいいの?ということですよね。

日本では子どもの頃から貯金しなさいと教えられているので貯金すること自体はやれているかたも多いです。ですが、実はその貯金を違った方法でやっていたらどうなっていたか?を考えたことはありますか?婚活にもいろいろなやり方があるように、実はお金を貯める方法も様々あります。もちろんメリットデメリットがある中で、その仕組みを知った上でご自身にはどれが合っていて、どれを選択するか、です。

でも残念ながらやったことないことはとかく躊躇してしまうもの。そして私共にお越しいただく方達が口を揃えておっしゃることが「やったことないからわからない」「ちょっと怖い」とおっしゃいながらも「でもやらなきゃなー」「でもなー」と行ったり来たり。。。でもそれは知らないから。ちゃんと仕組みを知って、理解すれば皆さんできるはずです。なぜなら郵便局や銀行に預けている方も仕組みを知っているから安心して、ご自身の大切なお金を預けていらっしゃるのだと思います。

だからまずは知ることからオススメします。

自分で本を読んだり、ネットで調べるのも良いですが、それは自分に合っているのか、また自分のライフステージや将来設計に合っているのか、も選択する中で重要なポイントです。そこまではなかなか判断しにくいと思いますので、よく知っている人に教えてもらったり、聞いたりするのも一つです。

ですが、最終判断はご自身で。なぜならご自身の大切な未来のお金だからこそ、ご自身が理解しない限りは判断せずに、丁寧に丁寧に知っていき、理解し、スタートしていきましょう。

みなさんのギモンにお答えします

よくある質問

ライフデザインって何ですか?

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることです

叶えたい夢や不安に思っていることなど、将来の暮らしをイメージすることで、未来に向けて今できることを整理しておくことです。コンシェルジュがお一人おひとり個別にサポートいたします。※弊社のサービスはすべて無料です。

なぜ無料で相談ができるのですか?

提携企業からの手数料で運営されています

IBJライフデザインサポートは、IBJのライフデザイン事業の一環としてサービスを提供しております。また、提携している各種企業(ウエディング・旅行・保険関連など)からの手数料によって成り立っていますので、ご相談される利用者の方からは、料金は頂戴しておりません。

どんな事を相談できますか?

ライフイベント全般に関する相談が可能です

例えばお住まいのこと、お子さまのこと、家計のこと、キャリアプラン、貯蓄、資産運用など、ライフデザインコンシェルジュがお客さまの想いを丁寧にヒアリングし、個別のプランを設計してご案内いたします。

相談の流れは?

かんたん5ステップでライフプランニングが明快に

①お申込み、②来店、③ヒアリング、④ライフデザイン、⑤サポートのかんたん5ステップとなります。詳しくは「ご相談の流れ」をご覧ください。

専任コンシェルジュ無料サポート